So-net無料ブログ作成

スライドシャワーフックの交換 完了 [DIY]

先日、発注した「スライドシャワーフック」が届きました。
151220_1.jpg「R291-X」

我が家のシャワーヘッドは、MYM製なんですが、
寸法図からはTOTO、KVK用が使えそうでしたので、
また、仮に、シャワーヘッドが入らなくても、
ハンガー部分が交換できる構造であることを確認していたので
迷わず発注したわけです。

そんなわけで、旧部品はこちら
151220_2.jpg
黄色く囲ったところが破損部です。

151220_3.jpg
ハンガー部分を外すためには、
黄色い円内の樹脂のキャップを取り外し、
中のネジを外します。

151220_4.jpg
新品の方も同様に外します。

151220_5.jpg
新品の本体に、旧部品のハンガーを取付け
ネジを締めて、キャップをはめて
ハンガーの移植完了です!

※多少、旧品と新品で経年による寸法に差があるので
 同様の作業をされる方は、自己責任でお願いします。



「じゅんぺの語りの館」
http://www.geocities.jp/junp_72/
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スライドシャワーフックの交換 [DIY]

風呂場のシャワーを掛けるフックが破損。
何度か接着剤で修理してみたのですが、
破損した個所が、常に力が加わってしまうところで、
何度も修理することに…
ちなみに、今回のような場合の接着には
「スーパー多用途」よりも「アロンアルファ」が適しているようです。

とは言え、心許ないので
部品を交換したいなぁと思い
型番を建築会社に問い合わせてみたのですが、
記録が残っていないとのこと。

担当の方が、現物を確認しに来てくれたものの
やっぱりわからず…

で、メーカーに問い合わせて頂いたようで
直接、ユニットバスのメーカーから連絡があったものの
現物確認が必要で、出張費用も発生するとか。

並行して、通販で入手できないものかと物色していて
それらしき商品を発見。

商品の価格より出張費用の方が高いことから、
メーカーに現物確認してもらうのはキャンセル。

で、部品の寸法図と現物を照らし合わせて
個人のリスクで発注してみました。

無駄にならなければ良いのですが…



「じゅんぺの語りの館」
http://www.geocities.jp/junp_72/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感